契約書の書き方~Wordテンプレート(ひな形)の無料ダウンロード~

  1. トップページ
  2. 不動産取引関係
  3. 不動産再売買予約契約書

不動産再売買予約契約書

不動産再売買予約契約書のテキスト

       不動産再売買予約契約書


株式会社●●(以下「甲」という)と株式会社●●(以下「乙」という)は、次のとおり不動産再売買予約契約を締結した。

第1条(売買)
 甲は、後記不動産(以下「本件不動産」という)を乙に売り渡し、乙はこれを買い受けた。

第2条(売買代金及び支払時期)
1. 本件不動産の売買代金は、金●●円とする。
2. 乙は、前項の売買代金を、平成●年●月●日限り、甲の指定する口座に振り込み又は甲の指定する店舗に持参して支払う。

第3条(所有権移転等)
1. 本件不動産の所有権は、乙が前条の売買代金全額を甲に支払ったときに、甲から乙に移転する。
2. 甲は、売買代金の受領と引き換えに、乙に対し、本件不動産の所有権移転登記手続に必要となる書類を交付する。
3. 前項の所有権移転登記手続に必要となる費用は甲の負担とする。

第4条(再売買の予約)
1. 甲及び乙は、本件不動産につき再売買を予約する。
2. 甲が乙に対し、平成●年●月●日までに次条記載の再売買代金を提供し、かつ、再売買予約完結の意思表示をしたときは、再売買の効力が発生する。

第5条(再売買予約の仮登記)
1. 乙は、甲の再売買予約完結権を保全するため、第3条の所有権移転登記を受けるのと同時に、再売買予約の仮登記を行うものとする。
2. 前項の再売買予約の仮登記手続に必要となる費用は、甲の負担とする。

第6条(再売買代金)
 前条の再売買代金は、第2条の売買代金●●円と、これに対する本契約締結の日から再売買予約完結の意思表示を行う日までの間年●パーセントの割合により算出された利息金とを合計した金額とする。

第7条(再売買予約完結後の所有権移転等の手続)
 甲が、乙に対して再売買予約完結の意思表示をして再売買予約完結権を行使したときは、乙は甲に対して、前条の再売買代金の受領と引き換えに、本件不動産の所有権移転登記手続に必要となる書類を交付する。

第8条(本件不動産の使用)
1. 甲が第4条第2項の期限内に、乙に対して再売買予約完結権の行使をするまでの間、甲は、本件不動産を無償で使用することができる。
2. 当該不動産に関して前項の期間内に発生する修繕費、固定資産税、その他の費用は、甲が負担する。

第9条(再売買予約完結権の失効)
1. 甲が第4条第2項期限内に予約完結権の行使を行わなかった場合は、甲の再売買予約完結権は失効する。
2. 前項の場合、甲は、乙に対して、本件不動産を直ちに明け渡さなければならない。

(以下余白)
 
本契約締結の証として本書正本を2通作成し、甲乙各自記名押印の上、それぞれ1通を保有する。

平成●年●月●日

甲:(住所)●●●●
株式会社●●
代表取締役 ●●●● ㊞

乙:(住所)●●●●
株式会社●●
代表取締役 ●●●● ㊞

〔不動産の表示〕
1 (土地)
所  在
地  番
地  目
地  積
2 (建物)
所  在
家屋番号
種  類
構  造
床 面 積

↑ PAGE TOP