契約書の書き方~Wordテンプレート(ひな形)の無料ダウンロード~

  1. トップページ
  2. 雇用・労働関係
  3. 正社員雇用契約書

正社員雇用契約書

正社員雇用契約書 のテキスト

       正社員雇用契約書


事業主  ○○県○○市○○町○丁目○番○号
     株式会社 A
        代表取締役  ○○ ○○


労働者  ○○県○○市○○町○丁目○番○号
               ○○ ○○



雇用契約に関する取り決めを、下記のとおり実施するものとする。

入社日 平成 23年 7月 1日 試用期間〔 無 ・ 有 ; 採用後 3カ月間 〕
就業の場所 ○○県○○市○○町○丁目○番○号
従事すべき
業務の内容 経理事務その他付随する業務一切
始業、終業の時刻、休憩時間、就業時転換((1)〜(5)のうち該当するもの一つに○を付けること。)、所定時間外労働の有無に関する事項  1 始業・終業の時刻等
(1)始業( 9時00分 ) 終業( 18時00分 )

  【以下のような制度が労働者に適用される場合】
(2)変形労働時間制等;(  )単位の変形労働時間制・交替制として、次の勤務時間の組み合わせによる。
  始業( 時 分)終業( 時 分) (適用日     )
  始業( 時 分)終業( 時 分) (適用日     )
  始業( 時 分)終業( 時 分) (適用日     )
(3)フレックスタイム制;始業及び終業の時刻は労働者の決定に委ねる。
  (ただし、フレキシブルタイム (始業) 時 分から 時 分、
  (終業) 時 分から 時 分、コアタイム  時 分から 時 分)
(4)事業場外みなし労働時間制;始業( 時 分)終業( 時 分)
(5)裁量労働制;始業( 時 分)終業( 時 分)を基本とし、労働者の決定に委ねる。

 2 休憩時間( 60 )分 
 3 所定時間外労働の有無( 有 , 無 )
 4 休日労働の有無( 有 , 無 )

 ○ 詳細は、詳細は就業規則第7条、8条、10〜13条による。




休  日 ・定例日;毎週土曜、日曜日、国民の祝日、
      その他(夏季休業、年末年始休業各3日)
・1年単位の変形労働時間制の場合 − 年間  日
 ○ 詳細は就業規則第11条〜第12条による
休  暇  1 年次有給休暇
  6カ月継続勤務し、8割以上出勤した場合 →  10 日
  継続勤務6カ月以内の年次有給休暇( 有 ・ 無 )
                有の場合 →  3カ月で 3日
 2 その他の休暇
  有給( 慶弔休暇 )
  無給( 産前産後休業、子の看護休業、生理休暇、育児介護休業)

○ 就業規則第13条、第16〜17条、第32条による
賃  金  1 基本賃金 〔 基本給 200,000 円 〕
2 諸手当
     イ〔 皆勤手当 5,000 円 〕
 ロ〔 通勤手当 13,200 円 〕 上限月20,000円
 ハ〔   手当 円 〕
 ニ〔   手当 円 〕
 3 所定外労働などに対する割増率
イ 所定外 〔1日8時間超  25% 〕〔1日8時間以内 0% 〕
ロ 休 日 〔所定休日 1週40時間超 25% 〕
 1週40時間以内 0% 〕
      〔法定休日 35% 〕
ハ 深 夜 〔     25% 〕
 4 締日・支給日   毎月 末 日締  翌 15 日支払

 5 労使協定に基づく賃金支払時の控除( 有 ・ 無 )
 6 給与改定 (時期等 4月 )
 7 賞与   ( 有 ・ 無 ) 7月、12月
 8 退職金  ( 有 ・ 無 ) 退職金規程による

○ 詳細は給与規程による
退職に
関する事項
  1 定年制 ( 有 ( 60歳) , 無 ) 再雇用制度 有
 2 自己都合退職の手続き(退職する1カ月以上前に届け出ること)
 3 解雇の事由および手続き
   就業規則第33条〜第35条による。

○ 詳細は就業規則第33条〜第42条による。
その他  社会保険の加入状況( 健康保険  厚生年金  厚生年金基金
 雇用保険の適用( 有 , 無 )
 
 その他
 [ 試用期間中の基本給は、180,000円とする。 ]



↑ PAGE TOP