契約書の書き方~Wordテンプレート(ひな形)の無料ダウンロード~

土地売買契約書

土地売買契約書のテキスト

       土地売買契約書


 株式会社 A(以下「甲」という)と株式会社 B(以下「乙」という)は、土地の売買につき、次のとおり契約(以下「本契約」という)を締結する。

(売買)
第1条 甲は乙に対し、下記甲所有の土地(以下「本件土地」という)を売り渡し、乙はこれを買い受ける。ただし、本件土地の面積は、公簿面積によるものとし、これと実測面積が相違する場合にも、甲および乙は、相手方に対し面積の増減による代金の増額または減額を請求しないものとする。

記

所 在  ○○県○○市○○町○丁目
地 番  ○番
地 目  宅 地
地 積  ○○○㎡

(手付)
第2条 乙は甲に対し、本契約締結と同時に手付金として金○○○円を支払う。ただし、手付金は売買代金の一部とする。
2 相手方が本契約の履行に着手する前において、甲は乙に対し、手付金を倍返しにすることで、乙は手付金を放棄することで、本契約を解除できる。

(売買代金および支払方法)
第3条 乙は甲に対し、本契約の売買代金総額金○○○円を、平成○○年○○月○○日に中間金として金○○円、平成○○年○○月○○日に売買残代金として金○○円(内金○○円は第2条の手付金を充当する)を甲が指定する金融機関の口座に振り込みにより支払うものとする。ただし、振込手数料は、乙の負担とする。

記

銀行名:○○銀行 ○○支店
口座種類:○○預金
口座番号:○○○○○○○
口座名義人:株式会社A

(所有権移転)
第4条 本件土地の所有権は、乙が前条の売買代金を全額支払った時に甲から乙に移転する。


(引渡し)
第5条 甲は乙に対し、第3条に定める売買残代金の支払いと引き換えに、本件土地を現状のまま引き渡す。

(所有権移転登記)
第6条 甲は乙に対し、第3条に定める売買残代金の支払いと引き換えに、本件土地の所有権移転登記申請手続きに必要な、一切の書類または情報を提供する。ただし、所有権移転登記に要する登記費用は、乙の負担とする。

(担保権等の抹消)
第7条 甲は乙に対し、第5条の引渡しまでに抵当権、質権、先取特権および賃借権などその他名目形式を問わず、本件土地について、乙の完全なる所有権の行使を妨げる一切の負担を抹消しなければならない。

(不可抗力)
第8条 引渡し完了前に、天災地変その他不可抗力により、本件土地が滅失または毀損して本契約が履行不可能となったとき、甲および乙は、本契約を解除することができる。
2 前項により本契約が解除されたとき、甲は乙に対し、受領済みの金員を速やかに返還するものとする。ただし、この返還金については、利息は付さない。

(諸費用の負担)
第9条 本件土地に賦課される固定資産税などの公租公課および電気料金などの諸費用の負担については、引渡完了日の前日分までは甲が、引渡完了日以降の分は乙が、それぞれ負担する。

(契約の解除)
第10条 甲または乙は、相手方が本契約に違反し、期限を定めた履行の催告に応じないときは、本契約を解除することができる。
2 前項による契約の解除につき、甲に違反事由があった場合は、すでに受領した手付金の倍額を、乙に違反事由があった場合は、支払った手付金を違約金として支払うものとする。

(損害賠償)
第11条 甲または乙は、相手方が契約に違反し、または契約不履行により損害が生じた場合、その損害賠償の請求をすることができる。

(合意管轄)
第12条 甲および乙は、本契約に関し裁判上の紛争が生じたときは、○○地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。

(協議事項)
第13条 本契約に定めのない事項については、甲乙誠意をもって協議し、決定するものとする。

 本契約締結の証として、本書2通を作成し、甲乙記名押印のうえ、各1通を保有する。

平成○○年○○月○○日

甲  ○○県○○市○○町○丁目○番○号
  株式会社 A
    代表取締役  ○○ ○○

乙  ○○県○○市○○町○丁目○番○号
  株式会社 B
    代表取締役  ○○ ○○

↑ PAGE TOP